トップページ地域包括ケア病棟

病棟機能について

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟とは?

病院と在宅をつなぐ架け橋

平成26年4月より厚生労働省の診療報酬改定で急性期医療と亜急性期医療を充実させる目的で地域包括ケア病棟が開設されました。わかりやすく言えば、一般病棟での治療が終了すると早期退院という流れが一般的ですがその際、在宅での療養生活に不安があり、環境調整などにも準備期間が必要となる患者様を対象とした病棟です。(一般病棟で行なうような高額な医薬品の投与や特殊な検査・手術などは、対応できません)

地域包括ケア病棟は最長60日以内での退院が原則

地域包括ケア病棟では、主治医の判断のもと必要に応じて、医療やリハビリを受けることができます。入院できる日数は決まっており、最長でも60日が原則とされています。その間に、疾病や身体的な状態、住宅環境や介護者の状況などに応じて、在宅や介護施設などへの退院支援を行ないます。疾病や退院後の生活への不安や問題が、軽減、解決できるよう医師や看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー等が協力し、サポートを行なっていきます。

地域包括ケア病棟イメージ

地域包括ケア病棟の主な役割(イメージ)

こんな患者さんにおすすめです

私たちがサポートします!

地域包括ケア病棟スタッフ
地域包括ケア病棟スタッフ

患者様、御家族様が抱える退院後の不安や問題を軽減、解決できるようチーム一丸となって、支援に努めていきます。

地域包括ケア病棟
師長 荒木

病棟も十分な設備を整えています!

十分な広さを確保した病室(4人部屋)
十分な広さを確保した病室(4人部屋)

個室も充実しています(1人部屋)
個室も充実しています(1人部屋)

家事動作も訓練できるキッチン
家事動作も訓練できるキッチン

車いすのまま使用できる洗面台
車いすのまま使用できる洗面台

入院相談

ご相談・お手続きは"地域医療連携室"が承ります。

滝宮総合病院
〒761-2393 香川県綾歌郡綾川町滝宮486
電話:087−876−1145(代表)
   087−876−1109(地域連携室直通)
FAX:087−876−1302

ページのトップへ